柏崎のえんま市の宿泊に小竹屋旅館おすすめです

2017年の開催は6月14、15、16日です!

※素泊(4500円)でもご利用いただけます。詳しくは、お問い合わせください。

※交通規制がかかります。小竹屋旅館なら、徒歩3分の鯨波駅から一駅で柏崎駅へ。そこからは歩いて「えんま市」を楽しめます。


えんま市の概要

 

【歴史】

 えんま市のはじまりは馬市で、現在のような見世物・露店の市と変わったのは遠く文政年間(1818〜1829年)と言われています。この市がこれだけの規模になったのは、柏崎という場所と6月15日前後という日取りが、全国を次々と廻っている露天商人たちが一堂に会するのに都合が良かったことが要因と言われています。季節はちょうど衣替えの時期でもあり、ここで夏衣となって旅立ったことから自然に呉服市が立ち、それがまた田植えの済んだ農村の人たちの人気を呼びました。また、当時の陣屋役人が遠方・近在から入り込んでくる博徒たちの丁半勝負を黙認したことも、この市が栄える間接的な要因と言われています。 

 200有余年の歴史を持つこの市には、閻魔堂(えんまどう)のある本町通りを中心に全国各地から集まった500軒以上の露店が数キロメートルにわたって立ち並び、期間中20万人を超える人出で賑わいます。

 

【開催期日】 

毎年6月14日から16日までの3日間 (ただし瀬戸物市・植木市は17日までの4日間)

 

【開催時間】 

午前10時から午後10時まで 

 

 

新潟の海水浴場は鯨波、小竹屋旅館
新潟の海水浴場は鯨波、小竹屋旅館

小竹屋旅館

〒945-0855

新潟県柏崎市鯨波2-3-6

宿泊予約・代表電話: 0257-23-6450
シーカヤック・BBQ専用電話:

0257-41-6270

odakeya236@yahoo.co.jp

 

ご宿泊料金 

(8%税込 一泊二食お一人様)

※休前日、大型連休でも同料金!

 

・大人(朝夕の2食付)

 → 8,310円
・小学生(大人と同じ食事)

 → 8,310円
・小学生(夕食が「お子様ランチ」)

 → 6,640円
・幼児(夕食が「お子様ランチ」)

 → 5,500円
・幼児(朝夕食事は不要)

 → 2,800円

・素泊は 4500円

 (7月の平日と8月下旬以降)

 

ご予約は、メールかお電話で。 

※ご予約前に、コチラをお読みください。

夏期は、海の家のような

 

 7月、8月の土日、お盆時期は予約が集中いたします。海側のお部屋、部屋数など、ご希望にそえない場合もございます。6月中にご予約されることを、おすすめします。

 7月、8月の平日は余裕がありますので、まずは、お気軽にお問合せください。

 6月後半~9月も十分、泳げます!